c型肝炎を治療|自身が病気かどうかを知るための検査

女医

症状の不規則な神経疾患

婦人

自律神経失調症と呼ばれる病気は、個人のストレス感受性や遺伝体質や性格によって症状や原因が異なります。自律神経失調症になりやすい要件について知り、当てはまるのであれば適切な医療機関を診療してみることをお勧めします。

View Detail

感染経路とセルフチェック

2人の看護師

c型肝炎と呼ばれる病気は、近年耳にすることの多くなってきた病気かと思います。この病気は、c型肝炎ウイルス(HCV)に感染によって肝炎の症状を引き起こす病気です。c型肝炎が発症しても自覚症状がみられず、約70%の人が治療まで至りません。治療をしなかった際には、肝硬変や慢性肝炎、最悪の場合として肝臓ガンを発症するでしょう。自覚症状のみられないc型肝炎ですが、検査を受けるためには自身で感染の可能性に気づかなければなりません。そのためには、この病気の感染経路やセルフチェック方法等を知る必要があるでしょう。
c型肝炎は血液感染を感染経路とした病気で、HCVを含んだ血液等を輸血した際や衛生状態の悪い使用済み注射器及びピアッサーを介して感染します。輸血によるHCV血液感染は、現代の医学において発生する確率は極稀となっています。こうした感染経路を含めたセルフチェック方法が存在します。セルフチェックは項目式で、どれか一つに当てはまった時点で感染している可能性があります。その項目には、1992年以前に輸血を受けているというものや血液透析を長期に渡り続けている人といったものがあります。また、フィブリノゲン製剤による治療を受けたことがあるかどうか、臓器移植の経験有無、健康診断において肝機能異常の診断を受けている人、40歳以上の人、といった項目に当てはまる場合にもc型肝炎の検査を受ける必要があるでしょう。c型肝炎の主な治療法として、インターフェロン治療や肝庇護療法といったものがあげられます。

甲状腺ホルモンの過剰分泌

考える男性

甲状腺の病気であるバセドウ病を発症すると、甲状腺ホルモンが過剰分泌され新陳代謝が過度に行なわれます。その結果、様々な症状が引き起こされるでしょう。バセドウ病は治せる病気なので、適切な治療を受けることが大切です。

View Detail

小児疾患にみられる症状

キッズ

小児疾患というのは、小さいお子さんが発症する病気の総称です。伊丹市にお住まいの方にも、お子さんが何らかの小児疾患を患った経験のある人がいるでしょう。小児疾患の症状がみられた際には、小児科を受診する必要があります。

View Detail